書類などを簡単に綴じられるのがホッチキスです。

書類を綴じるのに何をお使いですか?ホッチキスが主流と思いますが、針を曲げるやり方にも種類があります。綴じ方でご紹介してみたいと思います。日本ではホッチキスですが、英語圏では、ステープラーと呼ばれています。ちなみに針はステープルと呼ばれています。余談ですが、日本工業規格JISではステープラと呼び、針はステープラ用つづり針と呼ばれます。

ホッチキスもその綴じ方でフラットクリンチ型と従来からの眼鏡型に分けることが出来ます。フラットクリンチタイプでは綴じる時の力が弱いと指を引っ掛けることがありますので、勢い良く力を込めて閉じることをお勧めします。

こが屋文具のサイト内での金額表示は全て消費税込みの価格表示になります。

<h4綴じた時の針が平らになるフラットクリンチタイプのホッチキス

フラットクリンチのホッチキス。左のように綴じた時、針が平らになるよう綴じられるのがフラットクリンチタイプの特徴です。従来型に比べて書類の厚みを少なくできます。書類の保存状況によっては針の先が外側に突き出し、手を傷つけることがあるのでご注意ください。先が突き出す原因としては、綴じるときに十分な力がかからなかったことも考えられるので、綴じるときは勢い良く、力を込めて綴じるとよいと思います。

このクラス最高の32枚綴じられるのがSL-MF55-02です。

軽い力でより多くの紙をとじることの出来るフラットクリンチホッチキス。今までより軽い力で、より多くの紙を綴じることが出来ます。このクラスのホッチキスとしては最高の32枚をとじることが出来ます。
針も50本綴りの固まりが2つ、100本装填できるので書類の部数が多い時などには、針を交換する手間が省けますね。
色は写真のように、ピンク、黄緑、青の3色があります。
1台702円、お勧めの一品です。

コンパクトサイズのフラットクリンチ

コンパクトながら20枚綴じる事の出来るフラットクリンチタイプのホッチキスです。
小さくても高機能、高品質のホッチキスミディフラット。幅25×奥行83×高さ46mmのコンパクトサイズのフラットクリンチです。小型タイプながら、20枚綴じる事が出来ます。針もNo.10の一般的なものが100本入るんですよ。
色は写真のオレンジの他にブルー、レッド、ライトグリーン、ホワイトの全5色があります。 価格は324円。針が100本装填されています。

従来の綴じ方をするホッチキスになります。

左のように綴じた時、眼鏡型に針が綴じられるのが特徴です。従来はこの型がほとんどです。針が膨らんでいるので書類の厚みがましてしまい、収納しにくくなるのも特徴のひとつです。人によってはペンチでつぶし平らにしている人もあったようです。

仮綴じ用に、針を外側に曲げる綴じ方ができるものもあります。

お求め易いHD-10NX

小型で子どもさんや女性の手にもなじみやすいホッチキスです。基本的でロングセラーのホッチキスです。
1台388円とお求め安い価格です。
針は、No.10を使用。50本装填できます。とじ枚数は20枚となります。
タッキングと言う打ち込みも可能です。

少し大きいHD-10Dです。

少し大きめのホッチキスでロングセラーモデルでもあります。上のHD-10NXより少し大きめのロングセラーモデルになります。
1台540円です。
針は、No.10を使用し、100本装填できます。とじ枚数は20枚です。
タッキングと言う打ち込みも可能です。

金属ボディーで輝くHD-3

昔から変わらない金属ボディーのロングセラー商品です。昔から変わらない金属ボディーの一品です。
針はNo.3の針を使いとじ枚数は30枚、50本装填することが出来ます。綴じる奥行きは最大で36mmになります。
1台3,240円です。

2種類の針が使えるHD-3DE

2種類の針が使えるので厚いものも綴じることが出来ます。厚いものを綴じる時にお勧めなのがこちらのホッチキスです。
長さの違う2種類のNo.3針が使え、針足6mmのNo.3-1Mを使用すると30枚まで綴じることが出来ます。
30枚以上の時は針足10mmのNo.3-10mmを使用すれば75枚まで綴じることが出来ます。
針は共に100本装填できます。
1台4,320円になります。

中とじようにも使えるホッチキス


普通に綴じるだけでなく、筒とじや・箱づくりも出来るホッチキス「ホッチくる」があります。針装填部分がくるっと回転させられるので奥行70mmまで中とじが出来ます。回転は横位置の90度までで180度回転させて綴じる作業はしないようにしてください。
針はNo.10-1Mを使用し、1ブロック50本装填できます。
コピー用紙15枚とじ。価格は648円となります。

中綴じの出来るホッチキスHD-3LD3

中綴じ用ホッチキス長い腕木にホッチキスが取り付けられていて310mmのとじ奥行きで、中綴じ製本に便利な商品です。台紙に品物を綴じる時にも便利ですね。
1台7,560円。
針はNo.3-1Mが使えます。
とじ奥行きが235mmで、価格も3,240円のコンパクトなホッチキスHD-10DBもあります。
この商品は共にお取り寄せとなります。

使用する針の種類

フラットクリンチ型や従来型のホッチキスに使用する針には次のような種類があります。針の大きさや針足の長さをご覧ください。
使用する針の種類と大きさの違い。ホッチキス用針の足の長さの違い。
上の写真は2枚とも左からNo.10タイプ。No.3-1MとNo.3-10mmです。
左のNo.10は1箱97円。針足5mm、1000本入りです。
中央のNo.3-1Mは1箱129円。針足6mm、1000本入りです。
右のNo.3-10mmは1箱442円。針足10mm、2400本入りです。

針を使わないで綴じるホッチキス

針を使わないで簡易的に綴じることが出来る商品もあります。
針を使わずに紙をとじることができるので、針補給の必要がありません。また、とじた紙を廃棄する際に分別する必要がなく、針が他のものに混入する心配もありません。

ハンディタイプのハリナックス

ハリナックス 針を無くしたので「ハリナックス」。10枚綴じられるので便利ですよ。サイズは幅121×高さ100×厚み32mmと手になじむサイズです。
価格は1台1,026円です。

特徴としては
●片手で持ってとじられる
手に持ったまま、軽い操作でとじられます。針を使わずにPPC用紙を約10枚までとじられます。
●とじ穴の位置が分かる
確認窓が付いているため、とじ穴の位置を確認しながらとじることができます。
●角でも横でもとじられる
1つ穴タイプなので、角とじも横とじも自由自在。角とじに便利な目印もついています。
●コンパクトサイズ
机の引き出しに収納できるコンパクトでスマートなデザイン。
等があげられます。
針を使わないタイプのお勧め商品が1つ増えました。


コンパクトタイプのハリナックス

より小型で手のひらサイズながら5枚綴じられる、ハリナックスコンパクトもあります。
針を使わないで綴じられるステープラー、ハリナックスコンパクト ハリナックスで綴じる所を確認する窓。位置確認とどう綴じるのかを見られますよ。
本体サイズは幅87×高さ48×厚み27mmと手のひらの中に納まる程度のコンパクトサイズです。右の写真は綴じる位置を確認する窓です。場所の確認だけでなく、どのように綴じるのかなど動作を見る事も出来ますよ。
価格も594円とお求め易くなっています。